2021年12月8日水曜日

SASAがありました。

  今日から、5年生のSASAが始まりました。1日目の今日は、国語と算数を、明日は理科と社会があります。

 4・5年生の既習事項の復習ということで、子どもたちはいつもよりも緊張した面持ちで取り組みました。終わった後、子どもたちから「時間が足りませんでした。」「難しかったです。」などの声が聞こえましたが、明日に意欲を見せる子どももいました。

 3学期以降、結果が分かり次第分析し、今後の課題解決へ向けて取り組んでいきます。



2021年12月7日火曜日

「てこのはたらき」6年生理科

 6年生は理科で「てこのはたらき」の単元を学習してきました。今日は、単元のまとめの学習を行いました。グループになり、学習してきたことをみんなで確かめ合ったり、分からないところは教え合ったりして学習を進めました。

 早いもので冬休みまで2週間余りとなりました。学習のまとめをしっかりとして冬休みを迎えてほしいと思います。

















2021年12月5日日曜日

授業参観・教育講演会

 今日は授業参観とPTA教育講演会がありました。

 授業参観は人権週間にちなんでどの学年も人権に関わる授業を行いました。

 教育講演会は若狭消防署名田庄分署の方を講師にお招きして「身近にできるボウサイ・ゲンサイ」と題してお話をいただきました。後半はいざという時に役立つ新聞紙スリッパを全員で作りました。また、非常食がPTAから配られました。












2021年12月3日金曜日

6年生税金教室

    今日5限目に6年生が、おおい町税務課の方に来ていただき税金教室を行いました。

 税の種類がどのくらいあるのか考えたり、どんなところに税金が使われているのかをクイズ形式で出題してもらったり、「税金がないとどうなってしまうのか」を考えるDVDを見たりしながら、税金について学習しました。また、ジュラルミンケースに入った1億円のレプリカも見せてもらいました。 

税金教室を通して子どもたちは、税金が私たちの暮らしを支えるためにとても大切なものであるということを理解することができました。




2021年12月2日木曜日

全校集会(人権について)

  12月4日~10日は人権週間です。人権とは、一人ひとりが生まれた時から持っている、自分らしく生きる権利のことです。名田庄小学校でも、人権週間での様々な活動を通して、人権についてみんなで考えていきます。

 全校集会では、校長から人権についての話を聞きました。思いやりのある人になるためには、どうするといいか、みんなで考えました。

①相手の様子をよく見ること

②相手の気持ちになってみる

③時には相手を優先する

④自分がされたらうれしいことを考えて実行する

⑤感謝を言葉で表す

⑥見返りを求めない

 思いやりをもって行動するということは、相手のためでもあるし、自分のためでもあります。それぞれ違うところ(個性)を認め合いながら、自分や友だちのすてきなところをたくさん見つけてほしいです。



2021年12月1日水曜日

3年食育教室「大豆の変身」

 12月1日(水)に、給食センターより栄養士が来て、3年生の食育教室を行いました。

 テーマは、「大豆の変身(豆腐作り)」です。3年生は国語「すがたをかえる大豆」で大豆から作られる食品(豆腐、きな粉、納豆、みそなど)について学んできました。今日は、実際に大豆から豆腐やきな粉が作られる様子を目で見たり、においをかいだりして、これまでの学習をさらに深めることができました。

 これからも、子どもたちには授業で学んだことを、実際に体験することで、新しい発見やよりよい学びにつながるよう支援していきます。

「大豆のいいにおいがする!」

黄な粉と豆腐




2021年11月30日火曜日

Cネット交流会

 名田庄小学校では、毎年、4年生と6年生が授産施設との交流会を行っています。

 今年度も、みなさんに名田庄小学校へ来ていただき、6年生が考えたゲームやパラシュートという教具を使った活動を行いました。

 これらの活動を通して、相手の立場に立って、どうすればみんなが楽しく過ごせるかということについて考えることができました。

 来週から、人権週間も始まります。思いやりをもって自分もみんなも幸せに過ごせる名田庄小学校を目指して学習を進めていきたいと思います。